お元気でお過ごしですか

みなさま、ご無沙汰しています。
2021年がはじまって、早くも4月が
訪れましたね。


ずっと、ブログを更新していなくて、
いつもご覧くださった方々には、
申し訳のない想いです。
本当に、すみませんでした。


じつは、去年ごろから少しずつ考えていたことがありました。
春夏は畑のひょうたんを育て、秋冬はランプづくりと、
夢中の暮らしを重ねるうちに、ふと、
そういえば、今暮らしているひょうたん小屋周辺の
山の季節のたのしみのことを、もっと味わいたいなぁと、
そんなふうに感じるようになったのです。


サカの子ども時代の思い出話と、私の両親の子ども時代の話は、
育った時代も年代も違うのに、なぜか似ていることが多く、
どれも、今、この2021年に試してみたいことばかりです。



今年のわたしたちは、今までよりももっと本格的に
山の暮しを楽しみたいと話しています。
そのようすを、アップしていきたいと思っています。
ご覧いただけたらとてもうれしいです。


↓今回は、小屋のまえの畑にエンドウ豆を植えるようすです。


guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”