ひょっとこ豆たろう

親指くらいの小さな、豆ひょうたんを育てています。

写真では大きく見えますね。。

ほやほやの産毛がかわいいのです。

一寸豆ひょうたんというのですが、

なぜか、どうしても

「ひょっとこ豆たろう」と呼んでしまいます。

このままかわいいサイズで収穫できたら、

ミニチュアのランプの中で灯したいと考えています。

あぁ、楽しみだな。


↓ 豆たろうです。

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”