2016年、11月にタイムスリップ!

私たちは、今までにブログやホームページの引っ越しを繰り返し、

そうするうちに、昔の記事があちこちに取り残されたようになっていました。

今、それらを懐かしく読み返しながら、自分たちの活動に、

新しい風を吹き込んでくれるような気がして、時々、

「タイムスリップコーナー」として、昔の記事を載せていくことにしました。

今日は、2016年の11月へタイムスリップです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


11月の終わりに、

兵庫県たつの市カフェギャラリー結」へ伺いました。

ちょうど、到着した時間は、夢のような景色が広がっていました。

揖保川の橋を渡るとすぐに、お店が見えます。

100年以上経つ町家を、すてきに改装された空間で、

入り口を見たときからワクワク。


中へ入ると、「わぁ」と見とれてしまうような空間が広がり、

思わず、「みんな持ってかえりたい。」とつぶやいてしまいました。

それくらいに、すてきだったのです。

ランプがみんな生き生きと輝いて、「こんなふうに灯して欲しかったんだよ。」と

言っているようでした。


お店の後ろ側に、すてきな隠れ家のようなレンガ通路があります。

埃や土にまみれていた壁を根気よくこすると、

こんなレンガが現れたそうです。


娘さん(今は店長さんです!)ご夫婦のお宅にホームステイさせていただいて、

教えてもらうことばかりでした。

空き家だったお家を片付けて、片付けて、片付けて!

荒れた庭を切り開き、畑に野菜を植え、

蜂を飼い自家製のハチミツをとる。

なんと豊かな暮らしでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あれから、5年、

2021年の11月も「カフェギャラリー結」さんで

ランプ展を開いていただいています。

あの頃から、私たちのランプの作風が、

「お話とランプ」という雰囲気に、まとまり始めたように思います。

そして、今、「お話とランプ」の作風に、

サカの「バティック風味」、わたしの「おとぎ話」がさらに

沁み込んで、「メルヘン・バティック」になっています。






guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”