ネコのポニー いんたびゅー その3

こんにちは。ネコのポニーです。きょうも散歩にいきますよ。


ないかな、ないかな、な〜にか ないかなー

お、ここは、アライグマさんのお宅です


ポニー:「こんにちはー。アライグマさんいますかー。」

「・・・」

ポニー:「お留守です。じゃあ次にいってみよう。」

ポニー:「ちょっと、一休みします。 おや、そこのあなたは誰ですか。

     でっかい首輪してますね。オレは、いつもどっかに引っ掛けて

     なくしますよ。」

標柱:「あぁ、わたしはですね、ここが、植木町っていうしるしの柱ですよ。

    そして、これは首輪じゃなくてなんかパンクしたタイヤと思われますよ。」



ポニー:「わぁ、ここは「うえきまち」っていうのですか。オレは、「うえきまち」の

     ネコってことですか!」



標柱:「はい。確かに植木町と思われますよ。あなたは植木町のネコだと思われますよ。

    わたしは、首輪がいりませんが、あなたは首輪無くさないほうが

    迷子にならなくて、いいと思われますよ。」



ポニー:「あなたは物知りさんですね〜。はい、出来るだけ首輪を

     無くさないようにがんばります。じゃあ、また来るね〜」

〜 その後 数日 〜 ↓

ポニー:「 うえきまちさん、こんにちは。おや、今日は首輪がないですね。」



標柱:「こんにちは。あれは首輪じゃなくてパンクしたタイヤと思われます。」

    あの後、車でお持ち帰りに来られたのですよ。」



ポニー:スッキリして、カッコいいですよ。それに、今日は空が海みたいになってます。

    うえきまちさん、この場所が似合っていますね〜。」



標柱:「それは、うれしいですね。ここに立ち続けてもう長いので、

    溶け込んだと思われます!」


ポニー:「オレも、ここにずっと居たら溶け込むかもね。わーい♪」

ポニー:「じゃあ帰りまーす。またね〜。」

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、らんぷをつくっています。