ネコのポニー散歩しながら、いんたびゅーその6

ハロー、ネコのポニーです。
おげんきですか。
きょうの散歩は、こんなふうに
はじまりです。


これは、オレの相棒です。
犬のポンポンと、人のサカくん。
たのしい仲間だ。
きょうは誰にいんたびゅーしようかなー。



ポニー
「雲さん、ふわふわしてますね。」

「そうですねー。わたしは、ふわふわタイプですね。
もっとうえのみんなは、寒いとこにいて、スゥースゥータイプかなぁ。」

ポニー
「おぉ、雲さんたちも、いろいろなんですね。
これからどこへ行きますか。」

「そうですねー、南東の方ですねー。風がそっちに向かっていますねー。」

ポニー
「あら、風さんも一緒でしたか。見えなかったですね。」

「いましたよ。わたしたちは、だいたい、いっつも一緒にまわっているんです。
相棒ってやつでしょうか。」

ポニー
「相棒って、いいですね。
そういえば、オレも相棒と散歩してきまーす。
南東に行ってもお元気でー。」





guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”