ネコのポニーいんたびゅー:その7

ネコのポニーですよー。
5月ですね。
ツバメのみなさんに、声をかけたら「キッキ」といそがしそうなので、
トコトコやって来ました。これ、むかしの道です。
まえは車が通っていたけど、
もうずーっと、歩行者天国というのになっています。


ポニー:「 おや、もみじの木と葉っぱのみなさん、こんにちは。
    ちょっとの間に、とってもみどりになりましたね。
    風がふくと、みんなでキャー♫と手をふってくれて、
    オレ、ちょっと照れるね。」


もみじ:「 まぁ、よく気づいてくれましたね。こんなに手をふってるのに、
     このごろは、気づいてくれる人がいないんですよ。
     
     それよりもですね!わたしたち、くやしいんですよ。
     この間の雨上がりに、ここをサワガニが通って、
     あんまり久しぶりなんで、うれしくて風にたのんで、
     吹いてもらって、
     ワーイと手をふったんですよ。 」


ポニー:「 おぉ、それはよろこびですね!」


もみじ:「 それがね! ちがったんですよ!サワガニ小僧、何したと思う? 」


ポニー:「サ、サワガニ小僧、、何しましたか。」


もみじ:「 ジャンケンポン!って手を出したんです。」


ポニー:「そ、それで?・・」


もみじ:「 サワガニ小僧がね、ハサミをチョキチョキしながら、
     『もみじのみんなって、いつもパーしか出せんもんねー。
     イェーイ、勝った勝ったー』って言いながら
     道をわたって行ってしまったんです。」


ポニー:「それは、フイウチってやつですね。
     いたずらっ子なサワガニ小僧、、
     こんどみつけたら、いんたびゅーせねば。」


もみじ:「 それにしても、あのフイウチはくやしいですよ。」


ポニー:「それじゃ、オレと勝負しましょうか。フイウチじゃないやつで。」


もみじ:「 まぁ、やる気が出てきましたよ。よし、やりましょう!」

ポニー:「それでは!位置についてー、
     ジャン、ケン、
     ポン!」
     
もみじ:「、、これはグーですね?」


ポニー:「これは、なんでしょうね?自分でもちょっとむずかしいですね。」

もみじ:「 グーのような、、パーですね。」
     
ポニー:「 それとも、パーのようなグーですか?」

    「・・・・・」

もみじ:「なんだか、おかしくなっちゃいましたね。」


ポニー:「そうですね。ハ、ハ、ハ」

もみじ:「アハハ」

笑いながら、きょうのいんたびゅーをおわりまーす。


     

よかったら、ごらんください。

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、らんぷをつくっています。