この春から

この春から、 ひょうたんランプを、
無病息災の贈り物にお選びいただくことが増えました。
ときに健康を願ったり、ときにお酒を入れたり、
楽器や、船の浮きがわりになったり(!)
それぞれの時代の中で、ひょうたんがいろいろな
物事に使われているのだと
あらためて知りました。
「百寿」という言葉も覚えました。
背筋が伸びる思いです。

今、わたしたちのランプに、
今までの楽しさに加えて、 
「健やかさ」という新しいテーマが芽生えています。
今年も、同じ場所に大好きな花が咲きました。
人が、だんだん山を忘れても、毎年忘れずに咲いてくれる。
本当にうれしい。
本当に、ありがたい。

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”