ポニーいんたびゅー:その8

お元気ですか。
ネコのポニーでございます。
今日は、いつも一緒に散歩したり、遊んでいる
サカくんに「いんたびゅー」です。
ポニー:
「お、サカくんどこに行きますか。散歩かな?」

サカくん:
「今日は、畑にトウモロコシ植えにいくよ。来るかい?」

ポニー:
「うん、おもしろそうだ。行く行く。」

ポニー:
「これは、なに?」
サカくん:
「ポップコーンになるトウモロコシの種だよ。
今から植えていくからね。
トウモロコシ植えるときはね、笑っちゃダメだよ。
口も開けたらダメだよ。いいかい。」

ポニー「えー!なんでー!?」

サカくん:「子供の頃から、トウモロコシ植えるときは、
ずっとそうしてきたもんね。うちの親父とオカンがいつも言ってたからね。」

ポニー:「マジで?」

サカくん:「マジで。」



ポニー:「、、ということなので、ここからは心の声でお届けします。」「この粒が、あのトウモロコシになるのかな?」
「サカくんが、無言で、もっくもくと植えております。
竹の棒をプスっとさして、穴あけて、2粒まく。この繰り返しでございます。ちょっと待ちくたびれてきましたね。。」


サカくん:
「よし、終わったぞー。」

ポニー:
「じゃあ、もう笑ってもいい?」

サカくん:
「いいよー。」

ポニー:
「もう、いんたびゅーしてもいい?」

サカくん:
「いいよー。」

ポニー:
「トウモロコシ植えるときに、笑ったらどうなるの?」

サカくん:
「こんなになっちゃうよ。」

ポニー:
「、、ガタガタですね。。」

サカくん:
「ポンガン(ponggang)っていうんだよ。」

ポニー:
「笑わずに植えたらどうなる?」

サカくん:
「こんな感じ」

ポニー:
「おぉ、やっぱりこっちの方がうれしいね。
このトウモロコシになるといいね。
これが、どうやってポップコーンになるのかな?」

サカくん:
「トウモロコシをカリカリに乾燥させて粒つぶを外して、
油すこしのフライパンでニャッ、ニャッ、(nyah nyah)すると
ポンポン弾けて出来上がりだよ。」


ポニー:
「ニャッ、ニャッ、nyah nyah って炒るってこと?」

サカくん:
「うん、そうだよ。ポニーうまいね。発音。」

ポニー:
「イェーイ、ほめられましたよー。今日からバリ語できる
ネコになりましたー。」

サカくん:
「終わったから散歩行くかい?」


ポニー:
「待ってました!行く行くー。」
「今日の、いんたびゅーを終わりまーす。」

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、らんぷをつくっています。