落ち着きたいとき

お、雨が止んだかな、
ホトトギスが鳴き出した。
風が西から、
山の木をざわざわ揺らして
吹いて行く。

そんなことを感じながら、
手を動かすのが好きなのです。


怖い気持ちや、不安な気持ちが、
だんだん、静かに消えるから。

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”