今年さいしょの収穫です

ゴゥゴゥと、圧倒されそうな空と雲です。
今年のさいしょのひょうたんの収穫がスタートしました。
「一寸豆瓢」という、親指の先程の可愛らしいひょうたんを植えて、
ミニチュアのランプに出来たら♪と考えていたのですが、
どんどん逞しく成長して、手のひらサイズのひょうたんになりました。
それでも、青々と爽やかな緑のひょうたんが、無事に収穫できると
やっぱりうれしいです。
今年は、本格的に釜茹でにして、乾燥処理をしようとしています。
毎年行っている、1週間ずつ腐らせて、水にさらし、洗い、乾燥のやり方と
並行しながらやってみて、どうなるか、ワクワクです。
祖母の家からいただいて、ひょうたんの「お歯黒染」に使っているゴエモン風呂。
ひょうたんに穴を開けて、お湯で茹でること1日、火を消して一晩してから様子を見ます。
光の(煙たい)カーテンの中、せっせと穴を開けていきます。

蓋をして、
後は、黄昏ながら待つ。

一晩、置いて蓋を開けると、いい具合に薄皮が取れやすくなっていました。
ごしごしとこすり、内側もきれいにして、乾燥させます。

guminolamp

生まれる野原と書いて「 ぐみの 」と読みます。 熊本県の小さな集落の畑でひょうたんを育て、「お話とランプ」をテーマに、制作を続けています。 Memelihara labu di sebuah pedesaan di propensi kumamoto, dan membuat lampu dari labu bertemakan cerita “cerita dan lampu”